人気ブログランキング | 話題のタグを見る

㈱大嶋鐵工所のブログ

ooshiiron.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 13日

本格的に工場での作業開始!

今日から本格的に工場での製作作業。

某施設の沈殿槽の製作には2名、同じ施設の曝気槽には2名取り掛かっております。

本格的に工場での作業開始!_a0210112_19592250.jpg

これは沈殿槽の部品。直径5mぐらいの樋型の越流壁を6分割して1つの製品に組み立てます。

この他に曝気槽の骨材も現在切断穴あけ中です。


私はと言うと昨日のプレスの続きから

本格的に工場での作業開始!_a0210112_2025041.jpg

丸く切断した板の上と下に型をそれぞれセットしプレス機でギューーーとプレスします。
本格的に工場での作業開始!_a0210112_2055890.jpg

すると回りが変形するので今度はドーナツ状の型を上に載せて再度ギュー―ーとプレスすると
本格的に工場での作業開始!_a0210112_20171535.jpg

本格的に工場での作業開始!_a0210112_2064972.jpg

こんな形になります。これでカバーの上部に付ける上蓋の完成。

次に胴体を違うプレス機で曲げます。少しだけ上の方が径が小さい筒状の胴体です。
本格的に工場での作業開始!_a0210112_20102942.jpg

大きさが違う胴体を製作するため展開した板は2種類、これを少しずつ曲げていくと
本格的に工場での作業開始!_a0210112_20114099.jpg

こんな感じで筒状の胴体が仕上がります。
本格的に工場での作業開始!_a0210112_20122345.jpg

簡単な展開のため寸法など間違え無しで胴体完成。これを組み合わせると
本格的に工場での作業開始!_a0210112_20143428.jpg

ほぼ完成品と同じ形となります。この時仮付は溶接棒を使わず仮付します。溶接時のビートの凹凸をなくす
ためなるべく棒を入れずに仮付した方がビートも綺麗になるし溶接もしやすいのです。
本格的に工場での作業開始!_a0210112_20173995.jpg

こんな感じですべて仮付をしたら、パルスを使って溶接していきます。
本格的に工場での作業開始!_a0210112_20183931.jpg

溶接部が黒くなって見えますが少し電流を強くして早く溶接が進める様に設定しているためいつもの綺麗な
色の溶接部とはちょっと違います。
1個大体5~6分で溶接は仕上がります。
後はピカピカに磨くだけです。

来週には沈殿槽の製作の応援をしようと思っていますが他の製作もあるのですぐには応援出来るか
判りませんがとにかくスタッフみんな頑張っているので今年中には形にしたいです。



今日もお読みいただいて ありがとうございます。
人気ブログランキングへ挑戦中。
↓↓クリック↓↓
人気ブログランキングへ
↑↑クリック↑↑


by ooshimatekkou | 2013-12-13 20:24 | お仕事


<< フランジの溶接      雪の降る中設置してきました! >>