人気ブログランキング |

㈱大嶋鐵工所のブログ

ooshiiron.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 01日

熟練の技

引き続き溶接、歪取りの作業。
熟練の技_a0210112_19433918.jpg

熟練の技_a0210112_19485333.jpg

熟練の技術に頼って社長と最年長のスタッフの2人での作業。やはり1度だけでは完全に歪が取れず
数回繰り返してようやく4組完了となりました。炎天下の中ご苦労様です!助かります。

工場の中では止水板の溶接を3人でやっております。
熟練の技_a0210112_19492997.jpg

こちらもようやく1組目の表側の溶接が完了し後は裏面の溶接です。やはり全周溶接は時間がかかるし歪も
出ます。が、3人で相談し溶接個所の順番を工夫したりで思ったほど出ていないみたい。
熟練の技_a0210112_19513490.jpg

でも片側までの溶接なのでもう片側を溶接するとどうなるか?心配性なんです!

さて他のスタッフは
熟練の技_a0210112_19553317.jpg

この鉄筋曲げ機で金具製作中。約28㎜のパイプに掛ける金具なのでこの機械が一番綺麗に且つ早く加工
することが出来ます。曲げてみると
熟練の技_a0210112_1958427.jpg

こんな感じ。あと少し加工して塗装をすれば完成となります。

私はというと、作り替えとなったエプロンの部品取りです。
熟練の技_a0210112_2001346.jpg

このポンチングという機械を使ってアングル(不等辺アングルなど)の穴あけ加工。当社には2台ありこの画像
のポンチングは16㎜の厚みの部材まで穴あけ可能です。
熟練の技_a0210112_2025247.jpg

これが穴あけが終わった物。キリで加工するよりも早く出来ます。打ち抜くので長穴加工には最適です。
熟練の技_a0210112_205991.jpg

そして他のアングルもポンチングで穴明け加工した後に、今度はプラズマ切断機にて切断加工します。
熟練の技_a0210112_2071164.jpg

ガス切断とは違いボタン操作で厚さ12㎜まで切断可能。
熟練の技_a0210112_2081045.jpg

切断加工後。この後グラインダーで綺麗にします。
これはエプロンのフレームの部品で現物合わせのためアングルをこの様に加工し曲げのR部を合わせる
方法です。手間は掛かりますが、現物と角度やR部が違ってしまうと元の場所に収まらなくなってしまいます。
熟練の技_a0210112_2012283.jpg

熟練の技_a0210112_20154311.jpg

これをローラーにかけてある程度R部を作ります。後は現物に合わせ
熟練の技_a0210112_2013149.jpg

R部を完成させます。2分割のため同じものが4本いりますが、今日はここまで。
明日残りの部品を加工していきます。

by ooshimatekkou | 2013-08-01 20:17 | お仕事


<< 初代から2代目へ      想定の範囲外 >>